探偵はバーに居た・ヒントを得た

 映画「探偵はバーに居た」を観た感想からヒントを得ました.皆様も普段の生活の中でヒントを得られることをお勧めします。探偵はバーに居る…新たなスパイス満載で贈る待望のシリーズ第2弾!札幌・ススキノ。この街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描いた映画『探偵はBARにいる』がいよいよ帰ってくる!おなじみ探偵×高田の名(迷?)コンビが挑む事件は、今回さらにスケールアップ。

 ススキノから室蘭へと飛び出したスリリングな珍道中、ノンストップのガチンコアクション、大群衆の中で繰り広げられる圧巻のクライマックス、その果てに待つ予測不能の結末…。新たなスパイス満載で贈るシリーズ第2弾は、前作を知らずとも楽しめること間違いなし!

 大泉洋×松田龍平…外さないならこの2人! 三枚目なようで、キメるところはビシっとキメる。ご存知ススキノの探偵を演じるのは言わずもがな、大泉洋。今作では危険なアクションのみならず、濃厚なラブシーン(!?)まで披露。男の色気全開でスクリーンに返り咲く!

 そんな探偵の相棒兼運転手・高田には、これまたご存知、松田龍平。喧嘩は異常に強いが、スキあらば眠ろうとするマイペースぶりは今回も健在だ。微妙にかみ合わない2人が魅せる絶妙なコンビネーションは、〈調査〉も〈期待〉も外さない!

 豪華キャストが続々参戦!おなじみの仲間も大集結!今回の“依頼人”となるヒロイン・弓子を演じるのは尾野真千子。事件の鍵を握る政治家・橡脇には渡部篤郎。さらに事件の発端となる友人・マサコちゃん役のゴリをはじめゲスト陣、レギュラー陣ともに個性派キャストが揃い踏み!

 原作はもちろん東直己の〈ススキノ探偵シリーズ〉から長編第4作目「探偵はひとりぼっち」。スタッフも当然、前作を大ヒットへと導いた面々が再集結。抜群のチームワークが織りなす世界観に、華を添える豪華キャスト。これぞ娯楽映画の真骨頂!なおこの記事はhttp://eiga.com/・クローバー探偵 大阪の駅前探偵に関するウェブa.hatena.ne.jp/MICHIKUSA/等より引用しています。

 「やめて!やめて下さい」最後の悪あがきと、声の限りに叫ぶが、ブランド買取土砂降りの雨が紀子の声を消し去っていく。と同時に冷たい雨が紀子の顔を目掛け落ちてくる。

 男の左手が細い首を狙う。全体重をかけた指は白く柔らかい首筋に食い込んでいき、息が苦しくなってくる。男の手を振りほどこうと両手を使って抵抗するが、男には敵わない。

検索エンジン